長いものには巻かれるな。


by maru-chan1107
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

休みに入って10日ほど経ちますが、1日約1冊というすごいペースで本を読んでます。
今までの俺からしたら、考えられないこと。
読書ってあんまり好きじゃなかったんですよね。
読んでも小説ぐらい。
それが、なぜだかいろいろと読みたくなってしまって、乱読しています。

ちょうどうちから歩いて10分もしない所に市の図書館があるんです。
その図書館、久々に利用してみたんですが、最近の図書館はすごいですね~。
最新のCDもDVDも揃っちゃってて。
さすがに最新のは予約がものすごくて借りられそうにありませんが・・・

とにかく今は読みたい本だらけで、
最大貸出冊数7冊目いっぱい借りて、さらには最大予約冊数7冊目いっぱい予約してます。笑

で。
自分でも何を読みたいのか整理しきれなくなってるので、ここにリストを作成します。笑
渡加までに読みきれるのか?!

★既に読んだ本
 次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?
 マクロビオティックが幸福をつくる
 百姓になりたい
 虫嫌いの田舎暮らし
 朽ちていった命 -被曝治療83日間の記録
 東海村臨界事故の街から -1999年9月30日事故体験の証言

★レンタル中
 がんばらない
 農で起業する! -脱サラ農業のススメ
 温室デイズ
 高校生が感動した「論語」
 半農半Xという生き方
 内部被曝の脅威 -原爆から劣化ウラン弾まで

★予約中
 幸福な食卓
 見えない誰かと
 卵の緒
 天国はまだ遠く
 また会う日まで
 梅崎和子の陰陽重ね煮クッキング
 古武術で毎日がラクラク! -疲れない、ケガしない「体の使い方」

★その他読みたい本
 図書館の神様
 優しい音楽
 風が強く吹いている
 一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ
 一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ
 一瞬の風になれ 第三部 -ドン
 そのときは彼によろしく
 最後の息子
 ドキュメンタリーの力
 あの日に戻れたら
 日本のがん医療を問う
 半農半Xという生き方 実践編
 チャンス -成功者がくれた運命の鍵
 十七歳の硫黄島
 散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道
 坂の上の雲 一
 坂の上の雲 二
 坂の上の雲 三
 坂の上の雲 四
 坂の上の雲 五
 坂の上の雲 六
 マクロビオティックをやさしくはじめる
 マクロビオティック健康診断法
 マクロビオティック自然療法
 マクロビオティック健康法
 マクロビオティック食事法(下)
 The Permaculture Way: Practical Steps To Create A Self-Sustaining World (Practical Steps)

・・・以上!
どう考えても厳しいぞ~。汗
[PR]
by maru-chan1107 | 2007-02-25 18:25 | 徒然草

ステナイセイカツ

年末の引っ越しで膨大な量のゴミが出ました。
前のアパートにあったモノと、実家にあったモノ。
最初はとにかく捨てることしか考えてませんでした。
あ、捨てるといっても、リサイクルも含みます。
缶とかびんとか(これらはマクロ始めてからはほとんどなかったけど)、
あとは本とかの紙類。それと、衣類。

でも、ある本を読んで、リサイクルにも膨大なエネルギーが使われ、
下手したら捨てた方がエネルギー消費量が少ない、と知りました。

悩みました。
捨てるのはもったいない。
だけど、エネルギー消費は極力抑えたい。

そこで思いついたのが、寄付!
誰かにあげれば、資源の有効活用になるじゃん!
で、「寄付」でググッてみると、こんなページが。
http://2style.net/vneko/without.html

ここで見つけた、
NGOシャプラニールに本・ビデオ・CDを、
NPO法人北九州ホームレス支援機構に衣類を、
今日それぞれ送りました。

シャプラニールの方はモノを換金して、南アジアの方々のために使われるそうです。
北九州の方は、北九州近郊のホームレスの方に寄付されるそうです。

長い間、部屋を占領してきた荷物が減って、スッキリ。
長い間使ってきたモノもまた再利用されるので、ココロもスッキリ。

自分もこんなことをしてみたのは今回が初めてだけど、
こんな風なことを沢山の人が実践していけば、
資源もエネルギーも循環して、
温暖化とか格差社会とか無縁の世の中になるのにな~、なんて思いました。

皆さんも、これからはゴミを捨てる前に、それはホントに捨てていいモノか、
立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか?
[PR]
by maru-chan1107 | 2007-02-23 22:56 | エコ

そうだ六ヶ所、行こう

a0077357_11165842.gif
来月、超長期休暇を利用して、青森・六ヶ所村にWWOOFに行くことにしました。
行き先は、『六ヶ所村ラプソディー』にも出てくる、花とハーブの里です。

映画を観て、その後原発に関する情報を自分で調べていくうちに、
どうしても行きたくなったんです。
この目で確かめてみたくなったんです。
映画やネットだけじゃ、断片的な情報しか伝わらないから。

正直、向こうに行って、何ができるかわかりません。
でも、首都圏で生活して、膨大な電力を消費しているうちの一人として、
とにかくまずは「知る」ということが大事なんじゃないか、と思いました。
1週間という短い滞在ですが、この目にしっかり焼き付けてこようと思います。




実は、青森に行くのは今回が初めてです。
どうやって行けばいいのかな?と調べたんですが、一番格安な方法で行くことに決めました。
なんと片道3710円です!
というのは・・・青春18きっぷを利用するから。
通常は5枚綴りで11500円のこのきっぷ、今年に限り記念価格で8000円なのです。
そのおかげで破格の価格で行けることになりました~。
ちなみに、うちを21時半頃出発し、青森駅に着くのは翌日17時です。汗
新宿から村上(新潟県)までは「ムーンライトえちご」という夜行で行くので、
眠れるとは思うんですが・・・
そのまま日本海に沿って北上して、青森に入ります。
カラダはきつそうだけど、電車だけで行くのんびりぶらり旅もたまにはいいですよね。
[PR]
by maru-chan1107 | 2007-02-21 11:19 | WWOOF

ショック・・・

今、G-veggie修了式の話とか、
マクロに出会ってからの1年間の想いとか、
つらつらと書いていたのですが(かなりの長文)・・・

誤って消してしまいました!泣
また書く気にはしばらくなれないので、
今日はこれにて・・・
書くのに費やした時間はどこへ・・・

てか、これはアップするなということなのか?!
あー、悔しい。
くそー。
[PR]
by maru-chan1107 | 2007-02-20 15:35 | 徒然草

幸福な食卓

a0077357_14183517.jpg


昨日は東京体育館でパーソナルトレーナーの講習会を受けた後、
ダッシュで渋谷まで行って、↑の映画を観てきました。
今のとこ、今年観た中で一番の作品です、ハイ。
1800円(定価ね)払って観た甲斐があった・・・

淡々な映画と言えば淡々な映画だし、
登場人物全員がいい人で毒気がないと言えばないのだけど、
自分にはとにかくビビッとくる作品でした。

瀬尾まいこさんという中学の先生が書いた小説を映画化したものなのですが、
原作本の方もこれから読んでみようと思います。

『上手く言えないけど、結局言いたいのは、
 気付かないところで、お前っていろいろ守られてる、ってこと』

家族や恋人や自分を取り巻く環境全部ひっくるめて、それら全てに対して、
感謝のキモチを自然と持つことができるようになるような、
温かくて、切なくて、優しい作品です。
オススメです。
ぜひ映画館へLet's go!
[PR]
by maru-chan1107 | 2007-02-19 14:43 | 映画

ロングバケーション

今日から怒涛の有休消化期間(42連休!)に突入いたしました。

といっても、やらなきゃいけないこと・やりたいことが沢山で、
きっとあっという間に過ぎていっちゃうんだろうな~、という気がしています。

書きたいことが沢山!!なのですが、
明日・明後日と都内で仕事関連の講習会があるので、
今日はこれにて。

来週からなるべく毎日更新していきたいと思います。
[PR]
by maru-chan1107 | 2007-02-16 21:03 | 徒然草
mixiの六ヶ所村に関するコミュで、↓を見つけました。
ぜひご協力をお願いします。

土①のメンバーの皆さん、今度会う時持って行くからよかったら記入してね!

http://homepage3.nifty.com/gatayann/syomei07.pdf

マクロビ教室のメンバー・chacoさんから聞いた話ですが、
六ヶ所村のある青森県の隣の岩手県には原発が1基もないそうです。
それは県が一貫して反対の姿勢を貫いてるから。
先日も遠野市が廃棄物最終処理場の調査に反対表明したらしいです。
素晴らしい!

でも、原発の分布を見ると、集中してる所とそうでない所に分かれてますね。
行政によるものなのでしょうか。

日本の全ての自治体が原発に反対すれば、なくなることになるのかな・・・
でも、そんなにうまく事は運ばないのかな・・・

何が出来るかわからないけど、出来ることをしていきたいです。
奥津典子さんの言葉を借りて・・・

出来ることから、少しずつ。
[PR]
by maru-chan1107 | 2007-02-12 22:35 | 世界平和!

みえない雲

ゴア米元副大統領の精力的な活動のおかげで、
最近は地球温暖化のニュースがあちこちで聞かれるようになりましたね。

そして、今日の朝日新聞の夕刊には、
フェアトレードのチョコレートに関する記事が一面に載っていました。

世の中がいい流れになっているようで、とてもいいことだな~、と感じています。

が、しかし。
地球温暖化と同じくらい、いや、
それ以上に考えていかなくてはならないことがあることに、
最近気付かされました。

それは・・・原発問題です。

ちょうど先月、
「みえない雲」という原発事故をテーマにした
ドイツ映画を観る機会があったんですね。
去年も「六ヶ所村ラプソディー」という映画を観たこともあって、
それから原発のことをネットでいろいろ調べてみたんです。

そしたら、自分が全くの無知だということがわかりました。
多分、自分以外の、ほとんどの国民が知らされていないであろうことが、
調べていくうちに明るみに出てきました。

正直、ネット上にはあまりに衝撃的なことばかりが書かれていて、
そのせいで今週は気持ちが落ちてました。
マクロ効果でここのとこずっとココロは安定してたんですけどね、
それを一瞬で落とす破壊力を秘めていたというわけです。

とにかく、

原発がどんなものか知ってほしい
http://genpatsu_shinsai.at.infoseek.co.jp/hirai/


を見てみてください。

原発で働いていた方が書いたものです。
被爆して癌になり、亡くなられてしまったそうなんですが・・・

その中の一節だけちょっとお借りして、ここにコピペします。
ぜひ読んでください。

-------------------------------------------------------------------------
最後に、私自身が大変ショックを受けた話ですが、
北海道の泊原発の隣の共和町で、
教職員組合主催の講演をしていた時のお話をします。
どこへ行っても、必ずこのお話はしています。
あとの話は全部忘れてくださっても結構ですが、
この話だけはぜひ覚えておいてください。

その講演会は夜の集まりでしたが、
父母と教職員が半々くらいで、およそ三百人くらいの人が来ていました。
その中には中学生や高校生もいました。
原発は今の大人の問題ではない、
私たち子どもの問題だからと聞きに来ていたのです。

話が一通り終わったので、私が質問はありませんかというと、
中学二年の女の子が泣きながら手を挙げて、こういうことを言いました。 

「今夜この会場に集まっている大人たちは、
大ウソつきのええかっこしばっかりだ。
私はその顔を見に来たんだ。どんな顔をして来ているのかと。
今の大人たち、
特にここにいる大人たちは農薬問題、ゴルフ場問題、原発問題、
何かと言えば子どもたちのためにと言って、運動するふりばかりしている。
私は泊原発のすぐ近くの共和町に住んで、二四時間被曝している。
原子力発電所の周辺、
イギリスのセラフィールドで白血病の子どもが生まれる確率が高いというのは、
本を読んで知っている。
私も女の子です。年頃になったら結婚もするでしょう。
私、子ども生んでも大丈夫なんですか?」と、
泣きながら三百人の大人たちに聞いているのです。
でも、誰も答えてあげられない。

「原発がそんなに大変なものなら、今頃でなくて、
なぜ最初に造るときに一生懸命反対してくれなかったのか。
まして、ここに来ている大人たちは、二号機も造らせたじゃないのか。
たとえ電気がなくなってもいいから、私は原発はいやだ」と。
ちょうど、泊原発の二号機が試運転に入った時だったんです。

「何で、今になってこういう集会しているのか分からない。
私が大人で子どもがいたら、命懸けで体を張ってでも原発を止めている」
と言う。

「二基目が出来て、今までの倍私は放射能を浴びている。
でも私は北海道から逃げない」って、泣きながら訴えました。

私が「そういう悩みをお母さんや先生に話したことがあるの」と聞きましたら、
「この会場には先生やお母さんも来ている、でも、話したことはない」
と言います。
「女の子同志ではいつもその話をしている。結婚もできない、子どもも産めない」
って。

担任の先生たちも、
今の生徒たちがそういう悩みを抱えていることを少しも知らなかったそうです。

これは決して、原子力防災の八キロとか十キロの問題ではない、
五十キロ、一〇〇キロ圏でそういうことがいっぱい起きているのです。
そういう悩みを今の中学生、高校生が持っていることを
絶えず知っていてほしいのです。
------------------------------------------------------------------------------

・・・これを読んで、どう思われましたか?
自分は仕事中にこれを読んだんですが、
思わず涙が出そうになりました・・・

原発の恩恵を受けている人の大半は都会に住む人たちです。
なのに、地方の人が被害を被らなくてはならないのか。
今も、高レベル放射性廃棄物の処分場を、
地方の財政難に苦しむ自治体に誘致させようとしてますよね。
先日、高知県東洋町が全国で初めて、
立候補(町長が勝手にしてしまったらしい)しましたが、一体どうなるのか。

原発をいまだに拡大しようとしているのは、世界で日本だけだそうです。
世界各国が自然エネルギーへの転換を図っているのに、
日本だけが原子力に頼ろうとしている。
そして、国際社会からも非難されているそうです。

確かに、エネルギーを確保することは大切なことかもしれません。
だけど、それ以上に大切なことがあることを、
日本の政治家の方たちはわかっているんでしょうか?

そんなに原子力エネルギーが必要なら、
その恩恵にあずかっている首都圏に、原発を作ればいい。
東京のど真ん中にでも作ればいい。
極論かもしれませんが、自分はそう思います。

チェルノブイリのような事故が起きるまではわからないのかもしれませんね。
事故が起こって、初めてそれまでの政策の非に気が付くのかもしれませんね。
でも、事故が起きたら、もう日本はおしまいでしょう。
一般市民の僕たちは、ただ事故が起きないことだけを
祈り続けるしかないのでしょうか・・・?
a0077357_0553268.jpg
a0077357_0562750.jpg

「みえない雲」 2/9まで(泣)シネカノン有楽町にて
「六ヶ所村ラプソディー」 こちらも2/9まで(泣) ポレポレ東中野にて
                2/11 代田橋upsスタジオにて
                2/22 かながわ県民センター 2階ホールにて
                     逗子文化プラザホールイベントにて
詳細は→http://www.rokkasho-rhapsody.com/index2
[PR]
by maru-chan1107 | 2007-02-09 00:57 | 世界平和!

高きびバーグ 再び

a0077357_231522100.jpg

またもや高きびバーグに挑戦しました!
今日で3回目。
生まれて初めてハンバーグを作ったのが2週間前なのに、もう今日で3回目。
自分で自分を褒めてあげたいです。笑
でもね、おかげでようやく要領がつかめてきました。
今日はとっても上手にできたのですよ!

前回、前々回はお世辞にも美味しいとは言えなかったのですが、
今日のはホントに美味しかった~。
3回とも違うレシピを使って作ったのですが、
前2回はシンプルすぎたのかも。

今日のレシピは、
玉ねぎ・きのこを炒めて、醤油・白味噌・塩で味付けして、
さらにそれをピューレ状にした後、高きびとパン粉を混ぜて、焼く。
というものでした。

ホントはにんにくも入れようと思ってたんだけど、
うちになかったので断念。
だけど、それでもちゃんと味ついてました。

ソースは「グリーン・ベシャメルソース」。
「ベシャメルソース」というホワイトソースを
玉ねぎ・全粒粉・豆乳を合わせて作り、
さらにブロッコリーの茎を入れて、塩で味付け、
水でのばしてブレンダーにかけました。
キレイな色のソースができました~。

そして、明日はクラスメイトと試食会。
といっても、みんなの都合が合わず、2人だけなのですが。汗
美味しく食べてもらえればいいな~。

ちなみに、今日は突然ケーキを手作りしたくなり、
これまた生まれて初めてケーキを作ってみました。
カノウユミコさんの「菜菜スイーツ」より、『きなこのチーズケーキ』。
が、ケーキというよりもムースっぽい仕上がりになってしまい、
さらにレモン風味が結構強く、
『きなこのレモンムース』って感じになってしまいました。
美味かったのでよしとしますが。
今度は豆腐チーズケーキでも作ってみたいな~。
a0077357_2329443.jpg

[PR]
by maru-chan1107 | 2007-02-03 23:29 | マクロビオティック