長いものには巻かれるな。


by maru-chan1107
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:世界平和!( 5 )

ペイ・フォワード

a0077357_2133930.gif


http://6payitforrward.web.fc2.com/index.html

以下は、↑のサイトの引用です。

みなさん、六ヶ所村再処理工場って知ってますか?
私は、六ヶ所村ラプソディーという映画を見るまで知りませんでした。
http://www.rokkasho-rhapsody.com/

私達の未来にかかわるこんな重大な事実が、今まで知らされることがなかったなんて!!

きっと日本中の多くの人が、この重大な事実をまだ知りません。
私は、この重大な事実を少しでも多くの人に知ってもらいたい!、そう切望しています。


青森県にある「六ヶ所村再処理工場」は、日本国内の各原子力発電所で燃やされた使用済み核燃料から、燃え残りのウランとプルトニウムを取り出す工場です。
この六ヶ所村再処理工場は、2008年2月に本格稼働する予定なのですが、この工場が稼働すると、
事故が起きなくても、原子力発電所が出す1年分の放射能をたった1日で放出することになるのだそうです。

放出された放射能は消えることなく空と海の両方にひろがり、東北地方はもとより東日本全域が、放射能汚染の直接的な脅威と恐怖にさらされます。
放射能はプランクトンや魚、植物等によって生体濃縮され、人間が食べ物から摂取した際には数万倍から数百万倍の濃度になると予想されます。

さらにその影響をもっとも受けるのは成長途中の子供達です。
育ち盛りの子供の細胞分裂のスピードは大人よりも早く、
子供の場合は大人の10倍
胎児の場合は大人の100倍 の被害を受けるといわれています。

この再処理工場の問題は、本当に他人事ではないのです。
このような再処理工場稼働のニュースが、私達の耳にこれまであまり伝わらなかった事が不思議でなりません。

本格稼働はもう間近!!
でも、今ならまだ止められます。
日本中の人がこの事実を知れば、止めることができるのです。

実際にイギリスのセラフィールドの再処理工場では事故が起こり、まもなくイギリスは再処理から撤退します。
このセラフィールドでは、海洋汚染も深刻で、この近辺では小児白血病の発症率が通常の10倍であり、奇形の魚介類も多いそうです。
イギリスのセラフィールドのように前例があるのです!!


是非、この事実をあなたの大切な人に知らせて下さい。
是非、この事実を次の人に渡して下さい。
私達はこの企画を「六ヶ所村ペイフォワードPROJECT♪」と名づけました。

よかったら、この日記をあなたの日記(ブログ)に転載していただけませんか?
そして、あなたのマイミクさん方をはじめ、あなたの大切な方々にも、それぞれの日記に転載していただけるようお願いしていただけませんか?
できれば、メールでも転載をお願いしていただけると、より広がりをみせると思います。

そしてそして、日記(ブログ)に転載してくださった方、もし、もしよろしければ、六ヶ所村ペイフォワード♪のコミュニティーに参加していただけませんか?

http://mixi.jp/view_community.pl?id=2944380

このコミュニティーの参加人数で、このPROJECT♪の広がりを知ることができます。

是非、あなたの力を貸してください。
このメッセージを多くのマイミクさん達に繋げてください。
このメッセージが広がりを見せること=六ヶ所村を止める大きな波になるのです。
大きな波を作るためには、あなたの橋渡しがが必要なのです。

今なら、まだ間に合います。

手遅れにならないうちに・・・・。
未来の子供達のために・・・・。

みんなの力で、
想いを繋げていきましょう。


是非、こちらもご覧ください!!
あの田中優さんが、わかりやすく説明しています。
http://jp.youtube.com/watch?v=Lt9hXuEfu7w

六ヶ所村ラプソディー予告編
http://jp.youtube.com/watch?v=fb9K_gutJfU&feature=related

止めよう六ヶ所村再処理工場
http://cnic.jp/modules/rokkasho/index.php?content_id=7



「一人の力は微力だけど無力ではない」
「動けば、変わる!」


私の大好きな言葉です♪
[PR]
by maru-chan1107 | 2008-01-15 21:33 | 世界平和!

In the future

★長文ですが、ぜひ最後まで読んでください。
 既に知ってる方は飛ばしてねー!

----------------------------------------------------------------
セヴァン・スズキ氏のスピーチ 92年リオデジャネイロ 国連サミット
1992年リオ・サミットにおける当時12歳だったセヴァン・スズキ氏のスピーチ



日本語訳

こんにちは、セヴァン・スズキです。
ECOを代表してお話しします。

ECOというのは、子供環境運動(The Environmental Children's organisation)の略です。
カナダの12歳から13歳の子どもたちの集まりで、今の世界を変えるために頑張っています。
あなたがた大人たちにも、ぜひ生き方を変えていただくようお願いするために、
自分たちで費用を貯めて、カナダからブラジルまで1万キロの旅をして来ました。

今日の私の話には、ウラもオモテもありません。
なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身の未来のため。
自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損したりするのとは
わけがちがうんですから。

私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子どもたちのためです。
世界中の飢えに苦しむ子どもたちのためです。
そして、もう行くところもなく、死に絶えようとしている無数の動物たちのためです。
太陽のもとにでるのが、私は怖い。

オゾン層に穴があいたから。呼吸をすることさえ怖い。
空気にどんな毒が入っているかもしれないから。
父とよくバンクーバーで釣りをしたものです。
数年前に、体中ガンでおかされた魚に出会うまで。
そして今、動物や植物たちが毎日のように絶滅していくのを、私たちは耳にします。
それらは、もう永遠に戻ってはこないんです。

私の世代には、夢があります。
いつか野生の動物たちの群れや、たくさんの鳥や蝶が舞う
ジャングルを見ることです。
でも、私の子どもたちの世代は、もうそんな夢をもつことも
できなくなるのではないか?

あなたがたは、私ぐらいの歳の時に、そんなことを心配したことがありますか。
こんな大変なことが、ものすごい勢いで起こっているのに、
私たち人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。
まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。

でも、あなたがた大人にも知ってほしいんです。
あなたがたもよい解決法なんて持っていないっていうことを。

オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。
死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。
絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。
そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのか
あなたは知らないでしょう。
どうやって直すのかわからないものを、壊し続けるのはもうやめてください。

ここでは、あなたがたは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。
あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。
でも本当は、あなたがたも誰かの母親であり、父親であり、姉妹であり、
兄弟であり、おばであり、おじなんです。
そしてあなたがたの誰もが、誰かの子どもなんです。

私はまだ子どもですが、ここにいる私たちみんなが
同じ大きな家族の一員であることを知っています。
そうです50億以上の人間からなる大家族。
いいえ、実は3千万種類の生物からなる大家族です。

国境や各国の政府がどんなに私たちを分け隔てようとしても、
このことは変えようがありません。
私は子どもですが、みんながこの大家族の一員であり、
ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動しなければならないことを知っています。

私は怒っています。でも、自分を見失ってはいません。私は恐い。
でも、自分の気持ちを世界中に伝えることを、私は恐れません。

それでも物を浪費しつづける北の国々は、南の国々と富を分かちあおうとはしません。
物があり余っているのに、私たちは自分の富を、そのほんの少しでも
手ばなすのが怖いんです。

カナダの私たちは十分な食物と水と住まいを持つめぐまれた生活をしています。
時計、自転車、コンピューター、テレビ、私たちの持っているものを
数えあげたら何日もかかることでしょう。

2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、
私たちはショックを受けました。ひとりの子どもが私たちにこう言いました。

「ぼくが金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子すべてに、
食べ物と、着る物と、薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに。」

家もなにもないひとりの子どもが、分かちあうことを考えているというのに、
すべてを持っている私たちがこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなんでしょう。

これらの恵まれない子どもたちが、私と同じぐらいの歳だということが、
私の頭を離れません。どこに生れついたかによって、こんなにも人生が違ってしまう。

私がリオの貧民窟に住む子どものひとりだったかもしれないんです。
ソマリアの飢えた子どもだったかも、中東の戦争で犠牲になるか、インドで
こじきをしてたかもしれないんです。

もし戦争のために使われているお金を全部、貧しさと環境問題を解決するために使えば
この地球はすばらしい星になるでしょう。
私はまだ子どもだけどこのことを知っています。

学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は私たちに、世の中で
どうふるまうかを教えてくれます。たとえば、

争いをしないこと
話しあいで解決すること
他人を尊重すること
ちらかしたら自分でかたずけること
ほかの生き物をむやみに傷つけないこと
分かちあうこと
そして欲ばらないこと

ならばなぜ、あなたがたは、私たちにするなということをしているんですか。

なぜあなたがたがこうした会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。
そしていったい誰のためにやっているのか。

それはあなたがたの子ども、つまり私たちのためです。
あなたがたはこうした会議で、私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを
決めているんです。

親たちはよく「だいじょうぶ。すべてうまくいくよ」と言って
子供たちをなぐさめるものです。
あるいは、「できるだけのことはしてるから」とか、
「この世の終わりじゃあるまいし」とか。

しかし大人たちはもうこんななぐさめの言葉さえ使うことができなくなっているようです。
お聞きしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。

父はいつも私に不言実行、つまり、何を言うかではなく、
なにをするかでその人の値うちが決まる、と言います。
しかしあなたがた大人がやっていることのせいで、私たちは泣いています。

あなたがたはいつも私たちを愛していると言います。
しかし、私は言わせてもらいたい。
もしそのことばが本当なら、どうか、本当だということを行動で示してください。

最後まで私の話を聞いてくださってありがとうございました。

-----------------------------------------------------------------
セヴァンさんはカナダでは知らない人がいないであろう、
David Suzukiさんの娘さんだそうです(昨日知った)。
12歳でこのスピーチ、ホントすごいと思います。
自分もこのスピーチを読んで、何度勇気付けられたことか。

自分には子どもはいないけど、かわいいかわいい姪がいます。
ホントかわいいの。←叔父バカ
姪がいつか大人になった時、いい世界であるように、
できることから少しずつでも、行動していきたいな、って思ってます。
姪のためだけじゃないんだけど。
みんなが希望を持てる世の中にしたいよね、やっぱり。

で。
↑のセヴァンさん、近々来日するそうなんです!
というわけで、今日はそのお知らせ。

『ライフスタイルフォーラム2007』
日時:11月3日(土)・4日(日)
場所:新宿御苑
詳しくはこちらを↓
http://www.lifestyle-forum.org/

当日はセヴァンさんのみならず、
明治学院大学の辻先生(10月28日「情熱大陸」に出演!)、
女優の高樹沙耶さんなど、
その道の有名人の方々てんこ盛り(←って表現は変ですね。汗
まあ、いいや。笑)です。

ぜひ皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。
自分もあるワークショップをキャンセルして行くことにしました。笑
こんな機会、滅多にないし。

というわけで、受験勉強に戻ります。汗
[PR]
by maru-chan1107 | 2007-10-25 17:59 | 世界平和!

TEAM GOGO! 2007

リンクしていただいている、pole poleさんのブログから知りました。

てんつくマンの発信する
『TEAM GOGO!(豪快な号外)2007』


6月22日、俺は日本にいないけど、遠くカナダからこの活動を見守りたいと思います。
カナダの人たちにもこの活動のこと、伝えてみます。
何か力をくれるかもしれないし☆

以下、てんつくマンの日記より。
~2007年6月22日夏至、ギネスに挑戦する~
なにをするかと言うと、夏至の時に4900万部(日本の世帯数)の号外を作って配ります。


なんでそんな無謀な挑戦をするかと言うと、やっぱり地球温暖化を止めたい。
だってやっぱり希望のない地球を子供達に残すなんて嫌やから。
そして、もう一つは、
青森県の六ヶ所村に出来た核燃料再処理工場が11月に本格稼動すると言われてるけど、
今の技術のまま稼動すれば、大量の放射能が海や空に捨てられる、
その量は、チェルノブイリの事故の10倍と言われている。
消えることのない放射能を出し続ける工場を稼動させるのは、
これまた子供達に申し訳なさすぎる。
本格稼動すると、青森、岩手、宮城の米、野菜、魚は放射能で汚染されるという。
そんなのは嫌やから、これもまず、みんなに伝えたい。

「私達は何かを決めるとき、七代先のことを考えて決める」
これがネイティブアメリカンの生き禔B
ちなみに7という数字はいっぱいっていう意味。

「七代先のことまで考えながら決める」という素敵なものさしで考えると、
いろんなことが見えてくる。

いつも思うのが、目の前に現われる問題と言われるものは本当は問題ではなく、
問題はその原因にある。
目の前に現われる問題というモグラを叩いても、なんの問題解決にはならない。

「問題を解決したいならば、形や外を見るのではなく、自分自身を見ること」

地球温暖化と六ヶ所再処理工場の共通点。
「目に見える形は違えど、原因は同じ」
それは、自分自身のライフスタイル。

一人一人の生き方、ライフスタイルが産んだもの。
だから、モグラに餌をやりながら、モグラ叩きゲームをしてもしょうがない。
モグラを否定するということは、自分自身を否定することとも言える。

生き方を変えない限り、これからも次々に大きな問題という課題が人の前に現われる。

でも、忘れないでほしい。
問題は問題ではなく課題であり、ピンチはチャンスである。
今という課題をきっかけにみんなで成長すれば素晴らしい。

実際に「みんなでちょっと動けば変わる」世の中は変わる。
でも、動く為に必要なのは、知ること。
現実を知る、心が動く、動き方を知る、ちょっと動く。
こうなるように、まず、一人でも多くの人に現実も希望の生き方も全部、
知ってほしいと思い、 豪快な号外を創ることにした。

ちなみにこの豪快な号外を創るチームをTEAM GOGO!(豪快な号外)2007とした。

4900万部の号外の内容は、地球温暖化の事実や今、世界で起こっていることを伝え、

そして、未来が希望に変わるライフスタイルをいっぱい伝えようと思っている。
一人でも多くの人がライフスタイルを変えると、六ヶ所どころか、原発もいらなくなる。

っていう、未来予想図も描く。

この号外の中身の地球の情報をネットワーク地球村の高木さんが了承してくれ、
新しいライフスタイルの提案の部分を田中優さんが担当してくれ、
「絶望に効く薬」の漫画家の山田玲司さんが漫画で分かりやすく伝えてくれ、
編集長をジャイカの国際平和大使をしている歌人、田中章義がやってくれることになり

ミネハハねえやんも、歌うわよーーって前面バックアップ体制を了承してくれた。

今回のプロジェクトは、予算が5億円前後かかる。
その資金を500人のサムライ~百万番長~という100万円を集めてくれる番長を
探していたら、
中村文昭が本気でやる「俺にもっと頼ってくれ」って言ってくれ
ナチュラリープラスのトップリーダー「池松こうじ」さんも「楽しいことはなんでもやるよ」と
笑ってくれた、
また、友人の地球マンは、春からの就職をやめてまで、
このプロジェクトの関東地区を動くと声をかけてくれた。
阪神大震災の時のリーダー山田バウさんは、逆にこんなことを言ってくれた。
「六ヶ所の再処理工場ぐらい俺一人で止めたるから、
てんつくはもっとその先の大きい所を見とけ!」
「何回も言うぞ、再処理工場ぐらい、俺一人で止めたるから、その先を見ろ」と。
bee good cafeのシキタさんもとにかくいろんな人に声をかけてくれてはる。
この豪快な号外の言いだしっぺ、中村隆市さんも走りまわっている。
もちろん、おいらも走りまわっている。
小豆島にもこの号外用の宿舎も借りた。
電話もひいた。
ホームページもこれから作ってゆく。

準備がどんどん整ってきた。

「イメージ」
この号外を配る夏至の日は、
夜の8時~10時まで電気を消してろうそくの日で過すキャンドルナイトの日。
去年は500万人以上が参加したという。

イメージはその日の朝や昼、号外が豪快にまかれる。
そして、その夜、8時から1000万人以上の人が電気を消してろうそくの火をかこみながら、
号外を見ながら、話あう。

「そうか、地球温暖化ってここまで進んでるんやね」
「知らないことばかりだったね」
「でも、ここに書いてるよ、みんなでちょっと動けば変わるって」
「私、これ出来るわ」
「私、明日、電気屋さんに行って、省エネの電球買ってこよう」
「みてみて、非電化冷蔵庫があるんやって、私、それ買おう」

一人一人が未来を想像しながら今と向き合って、
一人一人が自分の意思でなにを選択するかを決めてゆく。

次の日には、電気屋さんに人が並び、省エネ電球をはじめ、省エネ製品がどんどん売れる。

そして、数ヶ月もすると、ハッキリと日本の電気の消費量が急激に落ちる。
それがきっかけとなって、未来への意識が高まって、動く人がドンドン増える。
原発がいらなくなってゆく。

ちなみに、全世帯がたった一個電球を、省エネの電球に変えるだけで、
なんと、日本から車が92万台消えるぐらいCO2が削減できる。

スイッチつきのコンセントをつけて、待機電力をゼロになったら、
今、日本にある55機の原発の5機が必要なくなる。

ほんまにみんなでちょっとという、YESという動きが重なるとき、
BIG LOVEに変わる。
YES is LOVEだ。

そして、数十年後、いや、数百年後、こんな言葉が聞こえてくる。
「2007年から変わったんだよな」

そう言われる2007年をぜひ一緒に作ってほしい。
TEAMGOGO!2007大作戦に参加してほしいです。

今から10年も前の話、おいらがゲストハウスで管理人をしてた時、
マクロビオティックという食事、健康法を提唱している
九司道夫さんと、政治家の政策を考える人との会合があった。

二人とも70歳を越えていた。

その二人の会話がほとんど、100年先の日本のことだった。
百年後、当然二人はこの世にはいない。
しかし、ずっと遠い未来のことを熱く語り合い、そして最後には「これからも頑張りましょう」
しわくちゃの手、二つが強く握手していた。
めっちゃかっこよかったし、しびれた。
こんなじいちゃんになりたいって思った。

みなさんいよいよ、出番がきましたぞ。
やってみましょう。
世界の学者達が地球温暖化はもう止まらないという数字を出している。
でもね、あきらめる必要はないねん。
だって、すべてはやらなきゃ分からない。
だって、今日まで世の中でどれだけ奇跡が起こってきたと思うの。
それを、世界中の素敵な人が本気で動きだすんやで。
奇跡が起こらないわけがない。
その奇跡の始まりが2007年6月22日、でっかい花火を一緒に打ち上げましょう。

TEAM GOGO 2007 呼びかけ人
シキタ純(BeeGood cafe代表)、高木善之(ネットワーク地球村代表)
田中章義(ジャイカ国際親善大使、角川短歌賞作家)、
田中優(未来バンク主宰)てんつくマン(NGO MAKE THE HEAVEN)
中村文昭(一年に300回講演する男)中村隆市(㈱ウィンドファーム代表)
ミネハハ(天使の声を持つミュージシャン)山田バウ(阪神大震災ボランティアリーダー)       
山田玲司(漫画家)

★★★参加方法★★★
1、「動けば変わるチーム」
  豪快な号外を創ったり、宣伝したり、配ったりします。
2、「支えれば変わるチーム」
  一万円以上で資金をサポートする人です。
3、「虹の天使2254人区市町村部長」
  区市町村のリーダーです。
4、「500人のサムライ~百万番長~」
  一人100万円を担当して資金を集めます。
5、結いまぁるスタッフ
  小豆島に住んで一緒にやりませんか?
  宿泊料、食費、光熱費無料、お小遣い少しだけ。
6、印刷屋さん紹介して下さい。
7、この内容を添付していろんな人にメールやブログで紹介して下さい。
 
★★★内容★★★

3、「虹の天使2254人区市町村部長」
  今、日本では約2254の区市町村があります。
  そこで虹の天使の役割は、自分が住んでいる市町村の
  担当になっていただき、出来る限り全世帯に、この号外が配られるように作戦を考え、
  実行していただきます。
  私は○○県の○○市を担当します。
  私は○○県の○○区と○○町と○○市を担当します。
  なんて、ぜひ名乗りを上げてほしいのです。
  これは一人一つじゃなくてもいいです。
  熊本県は俺に任せろ!!でもいいです。後は、本部で調整してゆきます。
  ぜひ、私がやりますでもいいし、私達がやりますでもいいです。
  個人、団体、企業、なんでもオッケーです。
  担当して下さる方や団体の連絡先はホームページで紹介しますので、
  いろんな仲間と盛り上げて下さい。
  やるぞーという方はメールをいただき、
  名前、住所、電話番号と○○市を担当しますと連絡下さい。

4、「500人のサムライ~百万番長~」
  印刷費だけで4億3千22万円かかることが分かりました。
  ここに郵送費、活動経費などを加算していったら5億円ぐらいかかることが分かりました。
  5億は凄いお金やけど、500人で割ったら一人100万円になる。  
  そこで500人のサムライ~百万番長~を募集します。
  番長の役割は、一人が100万円づつを担当し、
  募金やチャリティーイベントなどで100万を集め、
  印刷費を支払う5月1日までに100万円を用意するという大きな役割をしていただきます。
  尚、万が一募金などで100万が集められなかった場合、
  その日、足りない分を自腹で用意してもらいます。
  その自腹で出していただいた分は、
  その後、本プロジェクトの言いだしっぺ、てんつくマンが責任を持って
  お返しさせていただきます。
  返済期間は直接相談して決めさせていただきます。
  メールをいただき、名前、住所、電話番号と
  「500人のサムライ~百万番長~」を担当しますと連絡下さい。

5、結いまぁるスタッフ募集!
  小豆島に住んでこのプロジェクトのコアなスタッフになってほしい。 
  宿泊料、食費、光熱費無料、お小遣い少しだけ。
  住んでもらうところは昔のお屋敷、小豆島の方に提供していただきました。
  ぼっとん便所、風呂は薪で焚くという昔の生活をしながらの共同生活です。
  4人のスタッフを募集するので、ぜひ、声をかけて下さい。
  本気で世界を変えたい!って思う人、声をかけて下さい。
  年齢、性別関係なしです。

6、印刷屋さん募集!
  こんな素敵な企画なら、うちの会社は出来るだけ頑張りますっていう企業の方、
  ぜひ、声をかけてやって下さい。
  新聞サイズ、見開き二枚、8ページ、
  フルカラーで500万部見積もりで8円以下で出来るだけ安く印刷できる企業の方、
  ぜひ、声をかけて下さい。
  一社じゃなく、安くて出来る限り環境に負荷をかけない印刷やさん数社に
  お願いしようと思っています。
  今、印刷をフェアトレードで出来ないかとカンボジアでも見積もりをとっています。

  

★★★すべての問い合わせ★★★
メールアドレス info@teamgogo.net
TEL 0879-82-5567です。
本部住所 〒761-4434 香川県小豆郡小豆島町西村甲2256-2 MAKE THE HEAVEN内 TEAM GOGO!2007事務局
尚、午前中は持続可能な村つくりに力を入れているので、1時以降にお電話いただけるとありがたいです。
[PR]
by maru-chan1107 | 2007-03-16 15:47 | 世界平和!
mixiの六ヶ所村に関するコミュで、↓を見つけました。
ぜひご協力をお願いします。

土①のメンバーの皆さん、今度会う時持って行くからよかったら記入してね!

http://homepage3.nifty.com/gatayann/syomei07.pdf

マクロビ教室のメンバー・chacoさんから聞いた話ですが、
六ヶ所村のある青森県の隣の岩手県には原発が1基もないそうです。
それは県が一貫して反対の姿勢を貫いてるから。
先日も遠野市が廃棄物最終処理場の調査に反対表明したらしいです。
素晴らしい!

でも、原発の分布を見ると、集中してる所とそうでない所に分かれてますね。
行政によるものなのでしょうか。

日本の全ての自治体が原発に反対すれば、なくなることになるのかな・・・
でも、そんなにうまく事は運ばないのかな・・・

何が出来るかわからないけど、出来ることをしていきたいです。
奥津典子さんの言葉を借りて・・・

出来ることから、少しずつ。
[PR]
by maru-chan1107 | 2007-02-12 22:35 | 世界平和!

みえない雲

ゴア米元副大統領の精力的な活動のおかげで、
最近は地球温暖化のニュースがあちこちで聞かれるようになりましたね。

そして、今日の朝日新聞の夕刊には、
フェアトレードのチョコレートに関する記事が一面に載っていました。

世の中がいい流れになっているようで、とてもいいことだな~、と感じています。

が、しかし。
地球温暖化と同じくらい、いや、
それ以上に考えていかなくてはならないことがあることに、
最近気付かされました。

それは・・・原発問題です。

ちょうど先月、
「みえない雲」という原発事故をテーマにした
ドイツ映画を観る機会があったんですね。
去年も「六ヶ所村ラプソディー」という映画を観たこともあって、
それから原発のことをネットでいろいろ調べてみたんです。

そしたら、自分が全くの無知だということがわかりました。
多分、自分以外の、ほとんどの国民が知らされていないであろうことが、
調べていくうちに明るみに出てきました。

正直、ネット上にはあまりに衝撃的なことばかりが書かれていて、
そのせいで今週は気持ちが落ちてました。
マクロ効果でここのとこずっとココロは安定してたんですけどね、
それを一瞬で落とす破壊力を秘めていたというわけです。

とにかく、

原発がどんなものか知ってほしい
http://genpatsu_shinsai.at.infoseek.co.jp/hirai/


を見てみてください。

原発で働いていた方が書いたものです。
被爆して癌になり、亡くなられてしまったそうなんですが・・・

その中の一節だけちょっとお借りして、ここにコピペします。
ぜひ読んでください。

-------------------------------------------------------------------------
最後に、私自身が大変ショックを受けた話ですが、
北海道の泊原発の隣の共和町で、
教職員組合主催の講演をしていた時のお話をします。
どこへ行っても、必ずこのお話はしています。
あとの話は全部忘れてくださっても結構ですが、
この話だけはぜひ覚えておいてください。

その講演会は夜の集まりでしたが、
父母と教職員が半々くらいで、およそ三百人くらいの人が来ていました。
その中には中学生や高校生もいました。
原発は今の大人の問題ではない、
私たち子どもの問題だからと聞きに来ていたのです。

話が一通り終わったので、私が質問はありませんかというと、
中学二年の女の子が泣きながら手を挙げて、こういうことを言いました。 

「今夜この会場に集まっている大人たちは、
大ウソつきのええかっこしばっかりだ。
私はその顔を見に来たんだ。どんな顔をして来ているのかと。
今の大人たち、
特にここにいる大人たちは農薬問題、ゴルフ場問題、原発問題、
何かと言えば子どもたちのためにと言って、運動するふりばかりしている。
私は泊原発のすぐ近くの共和町に住んで、二四時間被曝している。
原子力発電所の周辺、
イギリスのセラフィールドで白血病の子どもが生まれる確率が高いというのは、
本を読んで知っている。
私も女の子です。年頃になったら結婚もするでしょう。
私、子ども生んでも大丈夫なんですか?」と、
泣きながら三百人の大人たちに聞いているのです。
でも、誰も答えてあげられない。

「原発がそんなに大変なものなら、今頃でなくて、
なぜ最初に造るときに一生懸命反対してくれなかったのか。
まして、ここに来ている大人たちは、二号機も造らせたじゃないのか。
たとえ電気がなくなってもいいから、私は原発はいやだ」と。
ちょうど、泊原発の二号機が試運転に入った時だったんです。

「何で、今になってこういう集会しているのか分からない。
私が大人で子どもがいたら、命懸けで体を張ってでも原発を止めている」
と言う。

「二基目が出来て、今までの倍私は放射能を浴びている。
でも私は北海道から逃げない」って、泣きながら訴えました。

私が「そういう悩みをお母さんや先生に話したことがあるの」と聞きましたら、
「この会場には先生やお母さんも来ている、でも、話したことはない」
と言います。
「女の子同志ではいつもその話をしている。結婚もできない、子どもも産めない」
って。

担任の先生たちも、
今の生徒たちがそういう悩みを抱えていることを少しも知らなかったそうです。

これは決して、原子力防災の八キロとか十キロの問題ではない、
五十キロ、一〇〇キロ圏でそういうことがいっぱい起きているのです。
そういう悩みを今の中学生、高校生が持っていることを
絶えず知っていてほしいのです。
------------------------------------------------------------------------------

・・・これを読んで、どう思われましたか?
自分は仕事中にこれを読んだんですが、
思わず涙が出そうになりました・・・

原発の恩恵を受けている人の大半は都会に住む人たちです。
なのに、地方の人が被害を被らなくてはならないのか。
今も、高レベル放射性廃棄物の処分場を、
地方の財政難に苦しむ自治体に誘致させようとしてますよね。
先日、高知県東洋町が全国で初めて、
立候補(町長が勝手にしてしまったらしい)しましたが、一体どうなるのか。

原発をいまだに拡大しようとしているのは、世界で日本だけだそうです。
世界各国が自然エネルギーへの転換を図っているのに、
日本だけが原子力に頼ろうとしている。
そして、国際社会からも非難されているそうです。

確かに、エネルギーを確保することは大切なことかもしれません。
だけど、それ以上に大切なことがあることを、
日本の政治家の方たちはわかっているんでしょうか?

そんなに原子力エネルギーが必要なら、
その恩恵にあずかっている首都圏に、原発を作ればいい。
東京のど真ん中にでも作ればいい。
極論かもしれませんが、自分はそう思います。

チェルノブイリのような事故が起きるまではわからないのかもしれませんね。
事故が起こって、初めてそれまでの政策の非に気が付くのかもしれませんね。
でも、事故が起きたら、もう日本はおしまいでしょう。
一般市民の僕たちは、ただ事故が起きないことだけを
祈り続けるしかないのでしょうか・・・?
a0077357_0553268.jpg
a0077357_0562750.jpg

「みえない雲」 2/9まで(泣)シネカノン有楽町にて
「六ヶ所村ラプソディー」 こちらも2/9まで(泣) ポレポレ東中野にて
                2/11 代田橋upsスタジオにて
                2/22 かながわ県民センター 2階ホールにて
                     逗子文化プラザホールイベントにて
詳細は→http://www.rokkasho-rhapsody.com/index2
[PR]
by maru-chan1107 | 2007-02-09 00:57 | 世界平和!